SEOでの集客

SEOで集客をするというのは普通です。ただ、SEOの目的は集客であることを忘れているSEOは多くあります。それはどういうことか?というとSEOがキーワードでの順位を上げることばかりに目を向けているということです。SEOの目的は集客ですので集客をできるようなコンテンツを作成しなくてはいけません。

また、それは商品、サービスをより魅力的にアピールするようなコンテンツであることが望まれます。そんなSEOを行う場合はに集客が目的であれば、キーワードも集客、コンバージョン獲得が目的であるものになります。つまり、集客、コンバージョン獲得ができないようなキーワードは意味がありません。

そう考えるとSEOというのはキーワード、コンバージョンが狙えるコンテンツが一番に来るのです。SEOの手段の一番はそんなコンテンツを作成することなのです。そしてその際にGoogleの検索アルゴリズムに向き合ったものでないというのは言うまでもありません。

SEO会社が考えるコンテンツづくり

SEO会社の考えるコンテンツづくりとホームページ制作会社が考えるコンテンツ作りのどこが違うのか?を考えたことはありますか?多くの場合は全く同じように考えがちですが、実は根本が全く違います。ホームページ制作会社の考えるコンテンツはお客様がホームページへの来訪者に伝えたいことをより魅力的に表現するのか?が大切なのです。

それに比べるとSEO会社の考えるコンテンツはお客様により集客、コンバージョンを獲得させるためのコンテンツづくりとなるのです。それはどれがいいということではありません。お客さまの考え方なのです。集客やコンバージョンよりもメッセージを伝えることで後々に集客、コンバージョンができるようになると考えるのか?ということです。

ただ、サイトの運営はただではないので何らかの目的をもってサイトを作成、コンテンツを作成するのでどちらにしても魅力的なコンテンツを作るということは変わりはありません。

SEO会社のこだわるコンテンツ

SEO会社のこだわるコンテンツとは集客、コンバージョン獲得が目的だと書いたが、それと同時にGoogleの検索アルゴリズムに向き合ったものを考えています。そこは完全にホームページ制作会社とは違います。ホームページ制作会社はそんなことを考えては制作していません。

どうしてそうなるのか?Googleの検索アルゴリズムはAIがコントロールし、難しい数式と理論の元、計算されています。それが順位に反映されるのです。その数式や理論には何が指標となっているのか?何を基準にしているのか?は理系でかつ、研究のような思考がないと難しいのです。

しかし、AIという言葉を使ってすべてをわかったかのようにふるまっているが、殆どの場合、考えていません。今でいうとユーザビリティはその計算、理論の根本にあります。

SEOはユーザビリティの改善から

Googleの検索アルゴリズム変更は一番の目的はより良いサイトを検索を行う多くの方に提示することであるので、当然ですが、ユーザビリティを改良するとSEO的な効果はあるはずです。ただ、その時にGoogleの考えるいいユーザビリティとは何かを考える必要があります。

そらそうです。いいユーザビリティが定義できないと改良するというのはできません。ただ、そうはいってもホームページ制作会社はきっと見栄えが良くて、コンパクトなレイアウトをユーザビリティの向上というでしょう。本当にそうなのでしょうか?そんなことを言っても仕方ありません。

私の考えるユーザビリティの向上は本当に必要な情報により簡単に少ないクリックでかつ、クリックしやすいレイアウトであることだと考えます。そのためにはどうすればいいのか?を突き詰めるといいと思います。

MENU

TOP seo seo対策 seoカテゴリー インターネット広告 ホームページ制作