SEO対策に必要なディスクリプションの文字数

ディスクリプションはSEO対策において重要な意味を持ちますから、必要なキーワードを盛り込むことが必要となります。

キーワードを多く盛り込むと、どうしても文字数が多くなりがちですが、あまり多いのは良くありません。長くても60文字くらいまでに収めるのが良いでしょう。

SEO対策として考えるのであれば、60文字に収めてキーワードを2階くらい出現させるのが適しています。

この結果は検索エンジンで検索をしたときに、サイトの説明として表示されますから、SEO対策としての効果だけではなくて、それを読んだ人がクリックしたくなるような文章にする事も必要となります。